富山きときと空港の歩み

開港~1980年

1963年/昭和38年8月 公共用飛行場として供用を開始 東京便(フレンドシップ機)就航
同年10月 名古屋便(DC-3型機)就航 → 昭和40年11月廃止
1964年/昭和39年6月 新潟、大阪便(コンベア機)就航 → 昭和41年6月廃止
1966年/昭和41年3月 エプロン拡張及び誘導路の増設
1970年/昭和45年7月 東京便(YS-11型機)就航
1971年/昭和46年10月 進入角指示灯(VASIS)の運用開始
1972年/昭和47年3月 滑走路嵩上げ工事完成
同年10月 東京便1日2往復となる
1978年/昭和53年7月 東京便1日3往復となる

1981年~2000年

1981年/昭和56年1月 ジェット化への空港拡張工事着手
同年5月 東京便1日4往復となる
1983年/昭和58年4月 東京便1日5往復となる
同年9月 空港拡張工事のため供用休止
1984年/昭和59年3月 ジェット化対応として飛行場の供用を再開 東京便1日4往復(B737型機)となる
同年5月 小型機用エプロンが供用開始
同年7月 空港運用時間が8時間から11時間30分に延長 東京便にB767-200型機が就航
1985年/昭和60年4月 東京便1日5往復となる
1987年/昭和62年7月 空港運用時間が11時間30分から13時間に延長
同年8月 東京便にB767-300型機が就航
同年9月 ターニングパッド拡幅工事
1989年/平成元年7月 東京便1日6往復となる
1990年/平成2年3月 旋回灯(CGL)及び進入角指示灯(PAPI)供用開始
1991年/平成3年3月 進入路指示灯(RAI)の改良
同年4月 名古屋便(FK50型機)1日2往復就航
同年6月 札幌便(B767-200型機)1日1往復就航
同年7月 ウラジオストク空港と友好空港提携調印
1992年/平成4年3月 エプロン拡張工事完成
1993年/平成5年3月 第1期国際線ビル竣工
同年4月 ソウル便(B737-400型機)週3往復就航
1994年/平成6年 4月 東京便ナイトステイ実施
同年4月 ソウル便週4往復となる
同年7月 ウラジオストク便(TU-154型機)週1往復就航
同年11月 福岡便(A320型機)1日1往復就航
1995年/平成7年/4月 ウラジオストク便週2往復となる
1996年/平成8年/3月 第2取付誘導路、コミューターエプロン新設、駐車場拡張工事
同年7月 函館便(FK50型機)週4往復就航(→10月までの季節運航)
同年10月 関西便(A320型機)1日1往復就航
1997年/平成9年 6月 函館便1日1往復で運航再開(→10月までの季節運航)
同年11月 関西便週3往復となる
1998年/平成10年3月 長崎便(FK50型機)1日1往復就航(→5月までの季節運航)
同年6月 大連便週2往復(MD82型機)就航
同年7月 ターニングパッド改良、第1及び第2誘導路改良部分供用開始
同年7月 東京便1日5往復となる(→B777-200型機就航)
1999年/平成11年2月 APID(航空機位置情報表示装置)供用開始
同年4月 関西便休止
同年10月 大連周水子国際空港と友好空港提携調印
2000年/平成12年3月 広島西便(FK50型機)1日1往復就航(→5月までの季節運航、実験運航)長崎便休止
同年6月 東京便1日6往復となる
同年11月 広島西便1日1往復で運航再開(→翌年5月までの季節運航、実験運航)

2001年~現在

2001年/平成13年3月 ソウル便 夜間駐機の開始
大連便 週3往復(増便:月曜便の増)
ウラジオストク便 運航曜日 水・土曜日に変更
同年5月 5月31日で広島西便、実験運航終了
2002年/平成14年7月 東京便に日本航空が就航(全日空と合わせて1日8往復に)
沖縄便(B737-400型機)週4往復就航(8月30日までの季節運航)
2003年/平成15年1月 沖縄プログラム・チャーターが運航(1月10日~2月1日まで41便)
2004年/平成16年7月 上海航空チャーター便初就航
同年10月 ターミナルビル増改築工事(第1期)終了
2005年/平成17年3月 大連便週4往復となる。(月、水、木、土)
同年10月 上海便週3便(B737-800型機)就航
2006年/平成18年4月 東京便から日本航空撤退(東京便1日6往復となる)
同年4月 空港運用時間が13時間から14時間30分に延長
同年11月 ターミナルビル国内線・国際線ビル一体化工事竣工
2007年/平成19年10月 福岡便運休
同年12月 小型気象レーダ運用開始
2008年/平成20年8月 最低降下高度引き下げ
2009年/平成21年11月 札幌便に北海道国際航空(エア・ドゥ)就航
2010年/平成22年6月 停止位置誘導案内灯(TXGS)供用開始
2010年/平成22年12月 ウラジオストク便運休
2011年/平成23年3月 北京便(大連経由)1日1往復(A321型機)就航
2011年/平成23年4月 駐車場案内システム運用開始
2012年/平成24年4月 台北便週2往復(B737-800型機)就航
2012年/平成24年7月 台北便週3往復となる。
2012年/平成24年10月 北京・大連便運休
2013年/平成25年4月 台北便週4往復となる。

トップに戻る